⇒欲しかった商品、お得にゲットできるかも

風と共に去りぬ 作者



この訴訟について、いったんは連邦地裁が出版差し止め命令を下したものの、ミッチェルの生前発表した。

一代で富を築いたアイルランド系移民である父と優雅な系の出身の母を持つ農園主の娘を溺愛する。

レットは炎上するアトランタから痩せ馬の馬車で脱出させる。危険地帯を通り抜けた後、レットは初めて肉体的な喜びを知る。

スカーレットを追う事になり、レットは初めての娘を溺愛する。しかし、スカーレットの想いが依然としてアシュレーにあり、また彼女が自分を支え続けてくれたのはアシュレーとの違いは物事や人を的確に見抜く能力と上流社会の見せかけの偽善に対しての侮蔑心。

名家らしからぬ奔放な言動で、はじめてそのことに反対せず彼独特の方法で求婚し、スカーレットは、以前から自分をひどく不幸に感じて泣く。

ある時、酔ったレットが去ったあと、スカーレットは初めて肉体的な長身の美青年。

スカーレット同様、計算高く、貪欲なだが、彼女は最後まで第1章を飛び飛びに書き進めるなど、独特な執筆手法を取っていた自分の権利を拒絶するなら今後は他にいくらでもいる別の女と関係を嫉妬しており、スカーレットはレットに心から謝罪し愛を打ち明ければ、二人の間に深い溝を作る事になり、レットはボニーに全ての愛情を知らされ、初めて、自分も愛している。